3rd Class

Menu

北海道の”弁論ガール”が休学してサードクラスにやって来ました!!


                「みんなの夢AWARD7」ファイナリスト

髙松瑞樹(弁論ガール)

◆北海道から休学してサードクラスにやって来ました!!

ディベート、スピーチ、プレゼントとも違う。

約7分間、ステージの上で聴衆の心を動かす

日本語競技、”弁論”。

 

物心ついた頃から政治家の演説のモノマネをし、

高校時代は弁論部の部長を務め、

大学入学後も弁論に夢中になっている

北海道の弁論ガールこと髙松瑞樹です!

 

この度、1年間休学して上京し、

サードクラスにてインターン生(広報担当)になりました!

 

 

◆”プレゼンの魔法使い”ことハリーさんとの出会い

2016年11月、日本一の夢の祭典「みんなの夢AWARD7」(http://www.yumeaward.org/about)にエントリーしたことをきっかけに、

プレゼンの魔法使いことハリー(井上創太)さんに出会いました。

 

2月20日、30社を超える企業と2000人の前で語った夢のテーマは、

「新時代の弁論大会を開催!弁論ガールが日本に弁論ブームを巻き起こす!」です。

 

これから先、ますます人工知能が進化していく中、

自分の頭で考え、自分の言葉で表現し、相手の心を動かす能力は人間の武器です。

 

「その能力を磨くための最高の手段が弁論である」と信じていてた私に、

魔法使いハリーさんは、

「社会に出た時に必要とされる考え方やスキルを習得できる授業」

を受講できるという第3の教室、「サードクラス」を紹介してくれました。

 

すごい!!この国に、私と似ている夢を持っている

熱い教育者がいて、こんなに素敵な仲間たちが集まる教室があるなんて!

夢アワード出場がきっかけのご縁もあり、就活を辞めて、北海道から飛び出しました。

 

◆「弁論」とは?

弁論とは何か……。

1つの正解はありません。

強いて言えば、”音楽”と同じようなものだと思っています。

私自身も、これからの時代に合った

”新しい弁論”とは何か模索中で、説明すると長くなるので

過去のインタビュー記事をご覧ください!!

 

【7分間。この瞬間の為に生きている】高松瑞樹の語る弁論愛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆今後の活動と目標

今後は教育機関や企業様とコラボしながら、弁論×教育のイベントや企画を進めていきます。

また講師として、全国各地で学生・社会人向けに講演会や研修を実施し、弁論をライフワークにしていきたいです。

 

◆最後にひとこと

弁論弁論と言っているせいで、カタそう、論破されそう(誤解です!)と思われがちですが、実は多趣味で食べることが大好きでひよこグッズ(・8・)集めている普通の女子大生です。これからよろしくお願いいたします!

 

 


 

私がインターンをしているサードクラスの新社会人基礎力が身につくベーシックコースはこちら!

 

「ベーシックコース」2017年度火曜日コース(2018年3月まで)

ライター:みずき