3rd Class

Menu

自分軸発見講座
〜社会で自分らしく活躍する「軸」の見つけ方〜


皆さんは社会ではどのような力が求められていると思いますか?

社会で成功するにはどういう能力が必要だと思いますか?

コミュニケーション力

チームワーク力

想像力

などテレビやインターネットから様々な意見が聞こえてきます。

 

コミュニケーションもチームワークも想像力もどれも必要で、どれも正しいですが、

改めてこれらを「学ぶ」環境は皆さんの周りにありますか?

 

本講座はそんな「社会人に必要な能力」や「成果の出る思考」を新入社員から管理職、

役員クラスを相手に教育コンサルティングを行っている講師が直接登壇し、

 

大学の授業では決して教わらない社会人基礎力や、キャリア支援、

さらには就職活動のノウハウまでを全11回のプログラムでお伝えします。

 

自分って何がしたいのか、分からない。

将来どうありたいか、が明確にないので不安。

 

そういう方こそ、全10回を通して切磋琢磨出来る仲間と共に、

自分と向き合い、学び、圧倒的に成長する時間を過ごしませんか?


カリキュラム

STEP1 キャリアとは何か?キャリアをデザインする方法
STEP2 強みがわかる、自己理解ワーク
個性が見える、自己分析ワーク
STEP3 目の前の壁を取り払う、問題解決力養成ワーク
STEP4 自分軸づくりワーク
企業の本質がわかる企業分析ワーク

講師紹介

水野元気

講師からの言葉

株式会社情熱の水野です。皆さん仕事にワクワクしていますか?働く事を楽しみにしていますか?今の大人たちを見ていると、「働く事が辛そう。。」と感じてしまう学生に沢山出会います。それは一重に我々社会人の責任でもあるし、これから確実に変えていかなければいけない未来です。我々はそんな「働く事が辛そう。。」という認識を劇的に変え、仕事に目的を見出し、諦めずに挑戦し続ける「情熱家」を輩出すべく、企業研修は大学生教育をメインとしています。この講座を通して、自分のしたい事に気づき社会に必要な能力を身に着け、「情熱家」として社会に羽ばたいていってほしいと思います。

講師の経歴と実績

大学卒業後、太陽光営業会社に就職。最年少で営業成績No1になり、その功績が代われ、最年少で管理職になり、営業マン育成、営業戦略立案、不採算部署の再立ち上げ等に従事
その後人事コンサルティング会社に転職をし、大手自動車メーカーや大手総合メディア媒体会社の教育コンサルティングに携わる。
その後取締役として株式会社情熱を立ち上げ、経営業の傍ら、年間200名以上の前に登壇し研修講師として活躍をしている。

小林大祐

講師からの言葉

大学3年生までやりたいことは特になく、BIGになるとだけ言っていた自分。
親の勧めもあり、公務員試験の勉強を3年生の夏から始めひたすら勉強してました。
その辺りから、本当にやりたいことは何だと常に自分に問う日々が始まり
正直、ひたすら自分について考えました。常に過去の自分にフォーカスを当て何が今の自分を突き動かし、何をしたいのかを考えました。
その辺りから、自分が成長した分誰かに貢献する人生にしたいと強く思うようになりました。
就活では、警察官から内定ももらい民間企業からも何社か内定を頂きました。
色々、悩み、苦しみましたが、人材教育という“人に対する教育”に熱い気持ち、行動を持つ株式会社情熱という会社に入社しました。この講座ではそんな私の思いを伝えると共に、皆さんにこの機会に是非「自分軸」を発見してもらいたいと思います!

講師の経歴と実績

小学3年生から高校3年生まで計10年間野球に没頭。恩師から“お前の通った道が道となる、その道を正解にしろ”という言葉に出会い、地元を離れ、東京の大学に進学。
持ち前の行動力を武器に様々な経営者に会い、海外留学も経験。自分の価値観、視野が凄く広がる人との出逢いが楽しいものだと、気付く。そんな中で株式会社情熱と出逢い、今では、圧倒的成長を求めて情熱という会社で圧倒的行動力を発揮し、新卒ながら自らのリーダーシップを発揮している。

体験談 受講生の声

自分軸発見講座卒業生の島崎未佑紀

島崎未佑紀(東京農業大学3年)

私は就活生だったので、改めて自己分析が出来て良かったです。特に、ライフラインチャートを使って幼少期から振り返る機会はなかなかないので、自分の本質にある性格がどういったものなのかが、分かりました。また、参加した事で、私もやらなきゃ!という意識に繋がり、その後は以前よりも少し楽にエントリーシートを書けました。加えて、授業内で実施したワークでは、自分の発想力をもっと高めないといけないという気付きにも繋がりました。そして、何より授業は楽しく、裏話なども聞くことができ、タメになりました!

開講講座一覧に戻る