3rd Class

Menu

英語? それはもう普通です。


英語? それはもう普通です (世界地図と井上創太さん)

(世界地図と井上創太さん)

 

こんにちは!

BYDインターンのすーさんです^_^

 

今回の投稿では、

「短期グローバル思考講座」についてお話したいと思います!

 

「そもそもグローバル思考ってなに?」

そうですよね。

なんかグローバル思考っていろんなところで言っているけれど、

実はよくわからない言葉ですよね。

 

高校3年生くらいの時は、

”グローバル=かっこいい”くらいにしか考えていなかったですしね。(笑)

英語が話せる人が増え、今では英語が話せるくらいではグローバル人材とは呼ばれません。

 

では、そんなグローバル思考を身につける”短期グローバル思考講座”…。

一体どんな講座だったのでしょうか?

 

英語? それはもう普通です (奥からシェアをしている宇賀神さん、伊藤さん、中村さん、関さん)

(奥からシェアをしている宇賀神さん、伊藤さん、中村さん、関さん)

 

————————————————————

講座内容

 

▼1日目▼

 

《No.1 グローバル時代を生きる》

《No.2 地球の大きさを測った男》

《No.3 文化が違えばルールも違う》

《No.4 ”絹の道”、じゃんけんの旅》

 

世界という空間軸と、5000年の歴史の時間軸を考えるための

”グローバルコースター”というワークショップを通じて、

今の世界の成り立ちを考えました。

2400年前にパソコンなど無しに地球の大きさを測った人物や、

世界を3つに分類できる”文化コード”を学び、

最後は、絹の道”シルクロード”の商人になりきってモノの移動を体感しました。

 

▼2日目▼

 

《No5.”悲劇”と”偉大な仕事”の分かれ道》

《No6.スピーチの練習》

《No7.地球村の憲法を創る》

《No8.ヤングサミットの開催》

 

まずは、第二次世界大戦を境にどんなことが起きたのかを,

現代の出来事になぞらえながら俯瞰的に学びました。

そして、最後は地球を一つのコミュニティとして考える、

”地球村”の新しいルールを全員で考え、

1人5分ずつのスピーチを行いました。

 

英語? それはもう普通です (じゃんけんの旅)

(じゃんけんの旅)

 

————————————————————

受講者の感想

 

「グローバル人材の幸せの定義として、”自らの幸せをゴールとするのではなく、

それをスタートとして、社会や世界に貢献する人材である”ということが学べた。

また、1人で学んでいる時とは比べものにならないほど、

口や頭をフル回転させる”アウトプットの重要性”を知ることができた。

今後は、今回身につけた”グローバル思考”を総動員して、より一層勉学に励みたい。」

(中央大学卒 教育課程2年生)

 

「文化コードの違いで、ルール、特徴も大きく違ってくるということや、

セヴァン・鈴木さんのスピーチが非常に印象的だった。

2日間で意図的にグローバルな視点で物事を見ようと思うようになりました。」

(日本外国語専門学校 2年生)

 

「5000年という歴史の中で起きた多様な出来事について、

”グローバルな思考法”を用いて考えられる機会は他では得難いものでした。

受講してみて、”グローバル思考とは何なのか?”という答えが見つかりました。」

(早稲田大学大学院 2年生)

————————————————————

 

そんなハリーさんによる”グローバル思考講座”はまだまだ終わりません!

10月からもグローバル講座は開講しますので、HPの更新も逐次ご確認ください~!

 

まだまだ夏の短期集中講座はありますよ!ぜひチェックしてみてください!!
http://www.3rd-class.jp/class

 

ライター:すーさん