3rd Class

Menu

逃げずに向き合い続けたからこそ見えた”本当の自分”


~英語プレゼンテーション講座 第5期生 宮腰諒志~

(早稲田大学 政治経済学部 新2年)

 

英語プレゼンテーション講座を受講し、合同発表会では全受講生の代表プレゼンターを務めた宮腰くん。

講座内でも最も変わったと評される彼に、英語プレゼン講座の魅力を伺いました。

 

◆英語プレゼンテーション講座ではどんなことを学びましたか?

 

”重要なことは「my own style」を見つけること”

 

講師のJoe先生は細かくスキルを教えてくれるのではなく、プレゼンやディスカッションにおいて本質的に重要なことを彼自身の経験を踏まえたストーリーや、実演する中で教えてくれました。

ただ即物的なスキルを教わるのではなく、自分で繰り返し実践する中で体感することによって、より深い学びになりました。

 

また、Joe先生のプレゼンを見ることで、間の取り方や体の使い方を盗みました。

しかし、ただ模倣するだけでなく、自分自身にあったスタイルを見つけることが重要であることに気づき、実践していく中で自分の想いを相手に伝えるための「my own style」がだんだんわかってきました。

 

最終的には、自分自身の想いが伝わるように一言一言に重みを持たせる自分らしいプレゼンができるようになった事で、3rd Class代表プレゼンターにも選ばれることができたのではないかと思います。

 

 

◆英語プレゼンテーション講座を受講して変わった事はありましたか?

 

”チャンスを掴みに行く姿勢が身に付きました”

 

受講前は英語に自信がなかったり、消極的な性格から、後からもっとこうすればよかった…と思うことが多々ありました。

しかし、講座内ではチャンスが平等に与えられているわけではありませんでした。

挙手した人しかプレゼンができなかったり、休憩時間に質問している人とそうでない人とで差がついていたりと、チャンスを待つのではなく、自分自身で掴みに行くことの重要性に気づかされました。

今では積極的にチャンスを掴みに行く姿勢が身についたように感じます。

 

また、”Who you are?”というタイトルのプレゼンに悪戦苦闘しながらも何度も挑み続けることで、自分自身を見つめなおし、それを怖がらずに出せるようになりました。

 

それができるようになった最大の要因は、周りの受講生やメンター達が受け入れてくれたから。

自分自身の過去や経験を真剣に聴いてくれる人たちの存在が、自分を引き出してくれました。

 

来期はメンターとして英語プレゼンテーション講座にかかわるので、今度は自分が引き出してあげられる存在になりたいです!

◆英語プレゼンテーション講座は宮越くんにとってどんな講座ですか?

 

”自分の本質に迫ることができる講座です。”

 

大きく二つの軸があると思っています。

一つはスキル面。英語力やプレゼン力を伸ばしたいといった、同じ志を持つ仲間がいるため切磋琢磨し合い、継続できる環境があります。
二つ目はマインド面。”Who you are”と題したプレゼンに取り組むことで、自分自身と徹底的に向き合い、自分の本質に迫ることができる。

そしてそれを許容してくれる環境があります。

 

・オススメの学生

英語プレゼン講座には

「英語力・プレゼン力を伸ばしたい人」はもちろんのこと、

「自分自身と向き合い、人間的に成長したい人」にお勧めの講座です!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

課題から逃げるのではなく、解決できる人材になりたい!

✔物事を俯瞰的に理解できるような力が欲しい!

✔考えを正確に伝え、正確に理解できるコミュニケーションスキルを身につけたい!

と少しでも感じる方はこちら。

アイディア発想力・グローバル思考・コミュニケーション

社会で自立して生き抜くための3大要素が実践形式で身につく『ベーシックコース』を開講します!

3rd Classの大人気講座、『英語プレゼンテーション講座』も同時開講!

両授業の詳細はこちらから

http://www.3rd-class.jp/class

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ライター:たつみ