3rd Class

Menu

【これで危険は避けられる!】日本人が外国で注意すべきこと5選


どーも!インターンのすーさんです^^

 

1年に2回の長期休暇。

「せっかくだから普段と違うことをしたいな…。そうだ!外国に行こう!」

 

と積極的な大学生ならだれもが一度は考えることではないでしょうか?

しかし、外国では日本にいると注意もしない意外なことが問題になることも…。

 

今回はそんな【外国で注意すべきこと5】について、実際にイギリス、フランス、ドイツ、ブラジルなど諸国に渡航経験のあるすーさんがご紹介しちゃいます!

 

【これで危険は避けられる!】日本人が外国で注意すべきこと5選①

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目次

➣外国では注意が必要!

➣外国で注意すべき危険5選

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

➣外国では注意が必要!

【これで危険は避けられる!】日本人が外国で注意すべきこと5選②

 

「外国って日本より危険で、行きたいけど迷うな…。」

もしかしたら、こんな悩みを抱えている方がいるかもしれません。

 

実際に、日本は世界的にとても安全な国とされていて、日本より安全とされる国は数えるほどしかありません。

「外国へ行く=日本にいるときよりも注意する」と考えるのが基本です。

 

「そうだ。だから、やっぱり外国は危険なはずなんだ。」

 

と感じたあなた。

この考えは半分正解で、半分間違っています。

 

日本での生活スタイルのままでは危険なことでも、外国の生活スタイルに注意をすれば危険は避けられるものです。

 

では、日本人が外国で注意をすべきことにはどんなことがあるのでしょう?

 

➣外国で注意すべきこと5選

【これで危険は避けられる!】日本人が外国で注意すべきこと5選③

 

「現金を持ち歩く」

注意度★ 

 

一般的に日本では、支払い時に現金を使います。しかし、外国では現金でなくカードなどの方法で支払うことがとても頻繁にあります。

それは現金を持ち歩くことで、強盗やスリなどに狙われるリスクを下げるためでもあります。

そのため、日本と同じ感覚で現金を持ちあるいていると、強盗やスリに狙われやすくなる可能性もあります。

現金を持ち歩く場合は、財布を複数持ち歩くなどの工夫をしましょう。

 

 

「華美な服装で出歩く」

注意度★★

 

外国にいる日本人がなぜ危険かというと、外国人にとって「日本人=お金持ち」というイメージを持っている可能性があるためです。

そのため、できるだけ日本人だということを悟られないような見た目には十分気を付けるべきでしょう。

特に重要なのは服装です。アメリカやイギリスなどの都市部であれば問題は少ないですが、発展途上国や新興国、または農村部においては日本人にとって普通の服装も、周りにはお金持ちの服装に見えます。

すると当然、強盗やスリのリスクも高くなります。

外を出歩くときは、なるべく現地の人になじむ、かつTPOをにあった服装を心掛けましょう。

 

 

「ケータイを使用する」

注意度★★★

 

「海外でケータイを見ながら歩くのは危険だ!」そんなことはニュースやガイドブックでもみたことがあるかと思います。

それはケータイを使っていると周囲への注意が散漫になっていると強盗やスリのリスクが高まるからです。

しかし、ケータイの使用による危険はなにも強盗やスリだけではありません。

 

もう一つ注意すべきは「通信料」です。

 

日本はケータイごとにキャリアがあるため、通信料が使用料によって制限なく上がります。

そのため、海外においてWi-fi無しで通信を行ってしまうと、日本とその国で通信を行うので、場合によっては100万を超えるような通信料が請求される事もあります。

ケータイを使用するときは、以下の手順を行うことをオススメします。

 

<通信の切り方>

①「モバイルデータ通信をオフにする」

②「機内モードをオンにする」

③「Wi-fiをオンにする」

 

 

「財布を道で開く」

注意度★★★★

 

日本人が普段意識をしていないために、外国で注意をしなければならないのはこれです。

日本では店などから出る際に、財布を開けた状態で店外に出ることは珍しいことではありません。

しかし、外国は違います。国によっては、あなたがお金をしまっている金額や財布をしまった位置などを強盗やスリがどこかから見ている可能性もあり、注意しなくてはなりません。

しっかりとお金を財布にしまい、カバンなどに入れたことを確認してから外に出ましょう。

 

 

「iPhoneを使用する」

注意度★★★★★

 

意外と気にしないのがこれ。

日本でかなり多くの割合の人が使用をしているiPhoneは、外国の特にアジアや南米地域、または農村部などではかなり高額なブランド品として扱われていることも珍しくありません。

そのため現地の人たちからすると「カッコよくてめちゃくちゃ欲しいけど、高くて買えない。」と思われている場合が珍しくありません。

つまり、外国でiPhoneを使用することは高価なブランドの服装を身に包みながら出歩くことと同じようなことなので、先進地域以外では当然注意が必要になります。

訪れる国によっては現地でケータイを借りるか、iPhone以外のケータイを使うのがオススメです。

 

以上の5が、日本人が外国で注意すべきことです。

どれも、なかなか日本では注意をしないし、あまり一般的に注意しろとは言われないことばかり。

今回の記事が、みなさんが外国へ行った時に少しでも問題を避けられるきっかけとなることを願っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

✔いまの大学生活では正直満足できない…。

✔自分の視野を広げてみたい。

✔とにかく成長できる場が欲しい!

 

と少しでも感じた方。

自分にあった成長の仕方が選べるのはこちら。

 

http://www.3rd-class.jp/class

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いかがでしたでしょうか?

今後もすーさんは就活、コミュニケーションスキルや思考方法についての記事を更新していきますので、是非確認してみてください!

 

すーさん